冬のマンション結露との戦い!見積交渉③

こんにちは、管理人のまちゃみんです。


前のブログの続きです。

冬のマンション結露との戦い!二重窓の金額が出ました②
二重窓を設置すると決めて業者2社から見積もりを取ったら、、、なんと見積金額が5万円も違っていた!

2社の相違点
・A社は施工業者、B社は工務店。
・A社の方が見積金額が5万円高い。
・見積内容は、テラス窓の商品がA社とB社で違っていて、A社の方が4万円程安い商品で計算されていた。
・しかしA社は対応が早い。

テラス窓の商品差を考えると、A社の方が実質約9万円高い計算でした。

しかし、A社は窓のサイズを測りに来た当日に見積を出してくれましたが、B社は同じ作業に2週間かかりました。今後、契約、工事、そしてもし不具合が出たとき、、、

そう考えると、B社はかなり時間がかかるという印象で、やりとりにも不安を感じていたので、工事はA社にお願いしたいと思いました。

そこで、この実質9万円の差を縮めるべく、A社への金額交渉を開始しました。
交渉1回目
他社から見積もりを取ったら、そちらの方が5万円安いことを伝えました。すると、二つ返事で、

「では5万円値引きしますね。」

とのこと。

5万円はあっさり値引きしてもらえました(笑)。

交渉2回目
もう一つの値引ポイント、テラス窓の4万円の差額です。

A社とB社のテラス窓の商品の差というのは、開けられるかどうか、という点でした。

そして我が家のテラス窓、使い勝手の悪さからほとんど開けることはありません。従って、そこを開ける必要はなく、A社の商品で問題ありません。

それよりも気になる点がありまして。

それは、果たして単板ガラスで結露が防げるのか、というところでした。

インターネットをリサーチすると、東京のマンションであれば単板ガラスで十分なようですが、、、、でもそれは実際に設置してみないと分からないことです。

特に結露がひどい・・・北側の2つの窓が心配だったりします。

そこで、4万円の金額差を値引きではなく、北側の窓を複層ガラスにアップグレードさせることを考えました。

この2枚の窓のアップグレードの差額というのが、ちょうど4万円くらいなので、無理な交渉ではないと思いました。

こちらの交渉については、少しだけ難航しましたが・・・

結果、こちらの交渉も成立、実質9万円の値引きが終わりました!

欲を出して、もっと値引きを引き出すことは可能だったかもしれません。

しかし、過剰な値引きで雑な工事をされるリスクだったり、何と言っても業者さんが適切な工事料金を受け取れなくなってもいけないので、まぁ工務店に支払う料金と同じレベルであればOKかな、と思いました。
商品の色決めが遅れてしまったり、スケジュールが合わなかったことなどが重なり、工事は2週間後です。

二重窓の効果については設置後に報告したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリックいつも感謝!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ  
     
                          
スポンサーリンク
    
     

0 件のコメント :

コメントを投稿